このエントリーをはてなブックマークに追加

お見積りの段階で悪臭のレベルから、一度では済まされず、数回に分けての作業が必要と判断していたため、また、お部屋の損傷が多く、リフォームが絶対条件であることをご依頼者様にその旨を話し、周囲にも配慮した方法を取りたいとご提案させておただきましたら、ご依頼者様は快諾してくださいました。「鍵は預けたままでいいので、自由に出入りしてください。」そう仰っていただきました。それからは、他現場の終了後など、時間を作り、幾度と足を運びました。故人や、私を信頼してくださっているご依頼者様、応援してくださっているご近所様や、お隣様を思いながら、「本当にご苦労様。亡くなった方はきっと喜んでくれているはず。」また「臭い?そういえば、全然しなくなったよ。」そんな温かいお言葉をかけて下さり、涙が溢れそうになりました。特殊清掃は、状況を的確に判断し、機材の稼働時間や専用薬剤の選定、分量などを決定し、作業を行います。ただ、薬剤散布したり、機材を設置するだけで何とかなるものでは決してありません。そのため、作業完了まで日数を要する場合がございます。その場合にはご説明をさせていただき、追加料金は発生せず、別の作業日を設けさせていただいております。今回の場合もそういった、理由から数回の作業が必要となりましたが、その甲斐もあり、お部屋から悪臭は感じられず、ご依頼者様との最終確認の際も、「確かにこの状態だからリフォームはしなきゃ。でも臭いは全然ありませんね。本当にありがとうございました。」と恐縮ですが頭を下げていただきました。私たち、遺品整理業者は近年、さらに増加の傾向があるとのことですが、そういった中、遺品整理アンカーを選んでくださったご依頼者様、作業を応援してくださり、温かいお言葉をかけてくださったご近所の皆様、このたびは本当にありがとうございました。また、どこの誰だかわからないであろう、私を含め、遺品整理アンカーのスタッフのお部屋の出入りを受け入れて下さった故人様、これからはどうぞご安心ください。